39歳2回目の採卵
スポンサーリンク
Pocket

これは私の姉の話です。
自分の事のように書いていますが、自分の事ではないです><
私と同じように不妊治療、体外受精・顕微授精をしました。
逐一相談されていたので、細かい心情まで記しています。

 

 

スポンサーリンク

2回目の採卵へ

1回目の採卵では、胚盤胞までいって凍結できたのは1個でした。
子供は2人欲しい!との事で、貯卵する為に続けて採卵する事になりました。

 
1回目の採卵から、3回目の生理がきてから2回目の採卵周期に入りました。
1回目の採卵から1ヶ月と1週間が経った頃です。

生理の前にフェイントみたいな出血がいつもあります。
今回は待ち構えていたのもあって、生理がきた!とみなし診察へ行きました。

でも内診しましたが、まだ生理ではないとの診断。
卵胞が見えなかったから?
血液検査などをしたわけではなく、判断基準は分かりませんが、生理がきたかどうかってエコーで分かるんですね。

スポンサーリンク

2回目の採卵準備

今回も1回目と同じ刺激方法はショート法です。
10日目で卵胞は右に5個、左に5個です。

12日目では右に6個、左に5個です。

スポンサーリンク

2回目の採卵

採卵日は14日目になりました。
前回と一緒です。

採卵は局所麻酔。意識はあります。
針を刺して抜いて、培養士さんか看護師さんが
「取れませんでした」
との声が聞こえます・・。

アレ、前とは違う。
先生とスタッフとの連携もなってなくて、先生もイライラしている感じです。

そして痛みが激しくて、泣き叫びました。
見かねて先生が
「点滴(静脈麻酔の事かな?)にする?」
と言ってきたくらい。

最後にまだ何か白い物が残っている段階で、先生が終わろうとしました。
素人目にもわかるのに。
さすがにスタッフの方がざわざわしだして、誰かが先生に忠告。
やっぱり最後の1個が残っていたようで、採りました。

えーーー!
そんな事ある?!
ちょっと、ちょっと。

不信感が芽生えました・・・。

次に続きます

 

スポンサーリンク